BIOVIAについて

BIOVIAは、優れた科学技術を通して研究開発の生産性向上を手助けします。

Share

イベント

BIOVIA 医薬品開発・製造 ソリューションセミナー

この度、米国FDA が提言を示した「Quality Culture」向上に取り組まれている製薬企業様を対象に、「医薬品 開発・製造ソリューションセミナー」を開催いたします。本セミナーでは、BIOVIA が提供するIT ソリューションでどのようにQuality Culture を向上させることができるかを、情報共有してまいります。また、基調講演として、㈱日本能率協会コンサルティングのコンサルタントの方をお招きし、品質重視の現場づくりをテーマにご発表いただく予定です。

開催概要

 
東京会場
大阪会場
日時

2016年6月21日(火)

10:30 ~ 17:30 (終了後、懇親会)

2016年6月23日(木)
10:30 ~ 17:30 (終了後、懇親会)

会場 AP 品川アネックス A ルーム
〒108-0074 
東京都港区高輪3 丁目23-17 品川センタービルディング1F

AP 大阪梅田茶屋町 I ルーム
〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町1 番27 号 ABC-MART 梅田ビル8F

対象

製薬会社の品質保証部門、品質管理部門、製造部門、およびIT 部門の方

参加費

無料(事前登録制)

お申込

受付を終了いたしました。

スケジュール

10:30-10:40

Opening Session

ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社

10:40-11:40 基調講演「品質重視の現場づくり」
㈱日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント 島崎 里史 様
11:40-11:50

基調講演のQ&A

11:50-12:50

昼食

12:50-13:30

「製造領域のBIOVIA 製品紹介

ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社
臺場 昭人

13:30-14:10

「QUMAS ComplianceSPTM を利用した文書管理システムの導入事例」

塩野義製薬株式会社

信頼性保証本部信頼性保証室 専任次長 上野 恭嗣 様


概要:2013年12月に社内リリースし,活用しております QUMAS ComplianceSP を利用した文書管理システムの構築の経緯と運用等について,ご紹介させていただきます.

14:10-14:50

「バイオ医薬品プラントにおける生産効率化への取り組み」
Ken FORMAN (BIOVIA システム導入プロジェクト・リーダー)

14:50-15:00 休憩
15:00-15:40

「プロセスモニタリングPoC の進め方と検討課題」

ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社

臺場 昭人

15:40-16:30

「Continuous improvement of IT system to support CPV」
(プロセス・モニタリング・システム導入の実際と継続的運用のポイント)
Ken FORMAN (BIOVIA システム導入プロジェクト・リーダー)

16:30-16:40 休憩
16:40-17:10

「医薬品開発~製造までのData Integrity 確保への提案」
ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社

斉藤 丈

17:10-17:30

Q&A とClosing

ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社

17:30-19:00

懇親会

※東京、大阪とも同じ内容です。なお、一部演題が変更になる可能性があります。

基調講演について

「品質重視の現場づくり」 
~品質文化醸成のための3 つのポイント~
1.「品質」の再認識  
2.プロセスコントロール強化にむけた業務設計 
3. 運用継続のための基盤

【演者紹介】
㈱日本能率協会コンサルティング
チーフ・コンサルタント 島崎 里史 様

IT 企業にてERP 導入を経験後、ものづくり現場支援へ転身。現場作業・管理業務・組織の
仕組みの変革による品質改善および生産性向上支援に従事。生産現場を中心に品質を競争
力の源泉とする継続的改善の実践を組織風土・文化づくりにまで繋げる取り組みが特徴。
製造業全般における実績、特に医薬・化学・食品などレギュレーションの厳しい業界の経
験が多い。現場観察とデータに基づく、現場の巻き込みと間接部門との連携という両軸を
重視したアプローチを得意としている。

お問合せ先: ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社
Tel:03-4321-3904 / Email BIOVIA.JP.Post@3ds.com

▲ページトップへ戻る