BIOVIAについて

BIOVIAは、優れた科学技術を通して研究開発の生産性向上を手助けします。

Share

イベント

Materials Science フォーカス・グループ・ミーティング
「ポリマーの物性予測:現在の到達点と未来の展望」

この度、Materials Studio ユーザー様向けフォーカス・グループ・ ミーティングを開催致します。

このフォーカス・グループ・ミーティングでは,ポリマーのモデリングとシミュレーションの領域での現在および未来におけるBIOVIAの取り組みについてご紹介します。まず初めに、最近開発された、ポリマーの熱化学特性をMaterials StudioとPipeline Pilot (BIOVIA Foundation)を使って全原子レベルで計算するための自動化されたワークフローについてご説明します。このワークフローには以下の機能が搭載されています:

  1. エポキシ樹脂のような架橋ポリマー構造の構築
  2. ガラス転移温度の計算
  3. 降伏応力と限界歪みの計算

ハンズオン・セッションでは,これらの機能を実際にお試しいただけます。
次に、これらのワークフローを、ダッソー・システムズがご提供する3Dエクスペリエンス・プラットフォームに統合する計画についてご説明いたします。この対話的・協調的なプラットフォームは、モデリングやシミュレーションのデータやモデルが、ポリマーやその複合材料の研究・開発サイクルのシームレスなプロセスの一部となり、ワークフローやデータを管理し、実験の方向付けを行い、さらに究極的には技術革新を加速することを可能にします。
最後に、このフレームワークにおいて、より複雑なマルチスケールのポリマー・ワークフローのいくつかを、熟練者の方だけでなく初心者の方でもご利用いただけるようにするために必要とされていることについて、いくつかの最新の例を交えてご説明します。

皆様、ご多忙中とは存じますが、 ぜひご参加頂けますようお願い申し上げます。

開催概要

【日時】 2016年10月12日(水) 13:00-17:30
【会場】

会場:東京コンファレンスセンター・品川 ボードルームN
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川4F

【定員】

20名(参加費無料・事前登録制)

【お申込み】 受付を終了いたしました。(満員御礼)

スケジュール

13:00-14:00

Introduction of polymer property workflows Dr. James Wescott, BIOVIA

 

Over the last decade or so, well defined procedures have emerged for building representative amorphous polymer models, equilibrating and extracting relevant property predictions from them. In practice however, it often still requires a good deal of manual effort to execute the many steps involved. This is particularly the case for polymers as multiple configurations must be built and simulation output averaged to get reliable predictions. To address this we have developed a set of protocols to remove much of the overhead, for some of the most common polymer workflows. This talk will dig deep into the capabilities of these protocols, explaining scope, implementation and limitations.

14:00-14:30

Polymer workflows on the 3D Experience platformDr. Stephen Todd, BIOVIA

 

At Dassault Systèmes we believe that simulation will not just contribute to, but increasingly drive the process of innovating new materials and products. To enable a vision of V+R (virtual plus real) in which simulation model data and experimental information are fully utilized amongst research and development teams and beyond, next generation simulation tools will make use of the 3D Experience platform. In this talk we will outline the expected capabilities and benefits to polymer scientists of the efforts currently being focused in this area.

14:30-15:00

休憩

15:00-16:00

Multiscale polymer workflows Dr. James Wescott, Dr. Stephen Todd, Dr. Satoru Yamamoto

 

Polymer properties are naturally determined by physical processes at multiple time and length scales. By way of some recent examples in the area of soft materials and composites we review progress and remaining challenges in connecting through the scales, so that chemical structure can be reliably connected to predictions of macroscopic property and behaviour, providing the information of most use to the materials scientist or engineer.

16:00-17:30

Polymer workflow hands-on session

※内容は変更する場合があります。

お問合せ先: ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社
Tel:03-4321-3904 / Email BIOVIA.JP.Post@3ds.com

▲ページトップへ戻る