BIOVIAについて

BIOVIAは、優れた科学技術を通して研究開発の生産性向上を手助けします。

Share

イベント

Webセミナー:「Materials Studio とFEMとの連携による マルチスケールモデリングに向けた 熱硬化性樹脂の硬化反応解析と材料物性予測」

この度、「Materials Studio とFEMとの連携によるマルチスケールモデリングに向けた熱硬化性樹脂の硬化反応解析と材料物性予測」と題しまして下記日程でWebセミナーを開催いたします。
ご多忙の折とは存じますが、是非ご参加賜りますようお願い申し上げます。

開催概要

【日時】

2017年12月7日(木) 11:00-12:00

【会場】 オンラインWebセミナー: Go to webinar
【お申込み】 こちらのページよりお申し込み下さい  

詳細

タイトル/ Title Materials Studio とFEMとの連携によるマルチスケールモデリングに向けた熱硬化性樹脂の硬化反応解析と材料物性予測  
Detailed reaction analysis and material property prediction of thermosetting resin toward a multiscale modeling using Materials Studio to link with FEM
アブストラクト/ Abstract 近年需要の高まる熱硬化性樹脂複合材料を対象として、主剤と硬化剤の組み合わせや反応条件による最終的な樹脂の状態を予測する方法を紹介する。Materials Studioの分子動力学計算モジュールForciteにより計算を行う。硬化反応の詳細な進行状況、最終的な架橋状態、ガラス転移温度、力学特性、フィラーとの界面の接合強度などの計算が可能である。さらに得られたパラメータを用いて有限要素法解析と連携するマルチスケールモデリングを提案する。
A case study for thermosetting resin is introduced to explore how combination of epoxy/amine and curing conditions affect the final structure and properties of resins. Forcite module of Materials Studio is used for calculation. This tool can predict detailed reaction procedure, network structure, glass transition temperature, mechanical properties, and adhesive strength for fillers. A multiscale modeling workflow is also proposed to bridge the gap between MS and FEM.  

※内容は変更する場合があります。

お問合せ先: ダッソー・システムズ・バイオビア株式会社
Tel:03-4321-3904 / Email BIOVIA.JP.Post@3ds.com

▲ページトップへ戻る