コラボレーティブ サイエンス

コラボレーションと知識に基づく的確な理解と予測を可能にすることで、製品化までの時間を短縮し、技術革新を促進します。

Share

抗体モデリング

Discovery Studioは、抗体のデザインや最適化のための最も充実したソリューションを提供しており、抗体フレームワークのモデリング、物理的性質の予測、温度あるいはpH依存的な安定性および製剤的な開発可能性の最適化を実施できます。

以下の抗体モデリング機能が含まれています。

  • 重鎖および軽鎖の多重配列アラインメントを同時にかつ独立に実施
  • 抗体のテンプレート構造を同定
  • テンプレートをカノニカル構造でフィルター
  • 高い品質のホモロジー モデルを構築
  • IMGT、Chotia、Honegger、Kabatといった、標準的なCDRループの定義を利用
  • CDRループ構造の精密化をテンプレートを用いて、別のループ構造の移植によって、あるいは非経験的に実施
  • 連鎖構造の改良
  • モデルの詳細な解析
  • タンパク質のイオン化状態や残基のpKの予測
  • 予測されたpK値に基づき、与えられたpHに応じて残基をプロトン化
  • pHの関数としてタンパク質の総電荷を算出
  • 等電点(pI)を予測
  • 温度あるいは pH 依存的な、変異による安定性変化の予測
  • 安定化のためのジスフィルド架橋箇所を特定
  • ZDOCK を用いた抗体-抗原ドッキング
  • 重要な相互作用産機を特定
  • CHARMm 37b2を使用してImplicit Solventモデルを用いた分子動力学(MD)シミュレーションを行います
  • 変異による結合親和性の変化を温度またはpH依存的に予測
  • 凝集性向の計算
  • lgG1 抗体の Developability Index の計算

Discovery Studioを使用した抗体開発のデータシートを読む

DISCOVERY STUDIOを使用した抗体構造モデリングのアプリケーションガイドを読む

BIOVIA バイオロジクス ソリューションの詳細はこちら