コラボレーティブ サイエンス

コラボレーションと知識に基づく的確な理解と予測を可能にすることで、製品化までの時間を短縮し、技術革新を促進します。

Share

ファーマコフォアおよびリガンドベースの設計

CATALYSTファーマコフォアモデリングと解析ツールを使用すると、ターゲット構造の有無にかかわらず、有望な新規候補化合物を迅速に同定できます。このツールによって以下の事が可能になります。

下記の情報からの自動的なファーマコフォア モデルの生成

  • リガンド
  • 受容体構造
  • 受容体‐リガンド複合体構造

ファーマコフォア モデルの厳密な検証

  • 活性のある、および活性がない化合物から成る対照群を用いて

堅牢なファーマコフォア スクリーニングを実施

  • 3Dデータベースの構築と検索
  • リガンドの配座生成と解析
  • 構造特性の記述子ベースの検索
  • Shape(分子の形)を基にしたスクリーニング
  • PharmaDB*を用いたオフターゲット活性および既存薬の再利用の可能性の探索

リガンド設計とライブラリ設計

  • 多様な物理化学プロパティおよびフィンガープリントの計算
  • 不適切な官能基やLipinskiルールおよびVeberルールによる望ましくない候補化合物のフィルタリング
  • イオン化状態、tautomer、isomerの列挙
  • 化学反応または骨格に基づいたライブラリの生成
  • パレート最適化、多様性解析、類似性解析を使用した、コンビナトリアル ライブラリの最適化
  • クラスタリング ツールと主成分分析を用いたライブラリの3D表示

さらに、Discovery Studioは、副作用や薬の再利用研究に用いる事ができる、これまで報告された中で最も広範なリガンド・プロファイリング・データベースを搭載するようになりました。xcPDB*を基に構築、検証されたデータベースは、およそ14万の受容体-リガンド・ファーマコフォア・モデルを収載しています。

*参照 http://bioinfo-pharma.u-strasbg.fr/scPDB

Discovery Studio ファーマコフォア モデリングと分析のデータシートを参照