コラボレーティブ サイエンス

コラボレーションと知識に基づく的確な理解と予測を可能にすることで、製品化までの時間を短縮し、技術革新を促進します。

Share

構造ベースの設計

Structure-Based Drug Design(SBD)やFragment-Based Drug Design(FBD)は、低分子医薬を論理的に開発するための確立された戦略です。低分子がどのようにタンパク質に結合しているかという知識により、初期スクリーニングの段階での化合物の優先順位付けから活性や選択性を最適化する段階まで、はるかに有利に研究を進めることができます。Discovery Studioは、ヒット探索からリード最適化段階まで、SBDとFBDを支持、支援するのに適合した、包括的かつ拡張性が高い一連の科学的ツールを提供します。

SBD用に高分子構造を準備

  • MODELERを用いて立体構造モデル(PDB, X線構造、ホモロジーモデル等)の解析および準備
  • pH依存的な残基のイオン化状態の予測
  • 想定されるリガンド結合サイトの同定及び解析

リガンドの準備

  • 立体構造の構築及び修正
  • リガンドの配座解析
  • 分子のプロパティや望ましくない部分構造によるフィルタリング

ヒット化合物の同定と最適化

  • CATALYSTファーマコフォア エンジン、LIBDOCKまたはCDOCKERによるドッキング手法のいずれかを使用して、リガンドおよびフラグメントのバーチャル スクリーニングを実行
  • 望ましい相互作用、望ましくない相互作用、みたされていない相互作用など、非結合相互作用のための、市場で最も包括的なモニターを使用して重要な相互作用残基を特定
  • スクリーニングのヒット化合物のプロファイリングと優先順位付け
  • 活性および選択性の最適化
  • 一般的な化学反応による構造変換と購入可能な試薬を用いたin situでのリード最適化
  • 購入可能な化合物から抽出されたフラグメントを用いたin situでの骨格変換および官能基置換

SBDDプロジェクトをさらなるデザインツールに容易に拡張

  • パレート最適化、多様性解析、類似性解析を使用して、コンビナトリアル ライブラリ設計と最適化を実行
  • QSAR、フィンガープリント、量子力学に基づく記述子を計算
  • ベイジアンモデル、重回帰(MLR)、部分最小二乗(PLS)、遺伝的アルゴリズム(GFA)、ニューラルネットワーク(NN)を含む高度な統計モデルを作成
  • ドラッグライクネスおよびADMEプロパティの計算
  • 毒性を最小化
  • 薬物動態プロファイルを最適化

Discovery Studio ストラクチャーベースデザインのデータシートを参照