コラボレーティブ サイエンス

コラボレーションと知識に基づく的確な理解と予測を可能にすることで、製品化までの時間を短縮し、技術革新を促進します。

Share

X 線

CNX、XPROLIG 力場などのアクセルリスのツールは、X 線構造解析から得られる複雑なデータの解析を助けます。 タンパク-リガンド複合体構造の構築や最適化に加え、Discovery Studio では電子密度マップの表示、 X 線構造最適化、非占有電子密度へのリガンドのフィッティングも実行できます。

  • X 線回折データから分子構造を構築し最適化する新しいプロトコル群にアクセスできます。
  • X 線構造精密化プログラムとして定評のある CNX への、独立したアプリケーションとして、あるいはコンポーネントコレクションとしてのアクセス
  • X 線構造の電子密度マップを CNX/XNS フォーマットで生成
  • 完全に、あるいは部分的に精密化されたタンパク質構造の電子密度マップにおいて水分子を検出し、初期構造に配置
  • 電子密度マップを生成し、自動的に一つあるいは複数のリガンドを非占有電子密度に配置、実空間において電子密度に対する精密化を実施
  • 剛体最適化、焼きなまし法、座標の最適化、占有率最適化、温度因子最適化を含む結晶構造の完全な精密化を一つのワークフローで実施
  • HT-XPIPE を用いたタンパク質-リガンド複合体のハイスループットな自動構造決定
  • 結晶構造を様々なテスト条件で検証できます。

Discovery Studio X 線のデータシート