BIOVIA Materials Studio

あらゆる種類のシミュレーション方法を提供する統合マルチスケール モデリング環境により、主要なマテリアルや化学研究課題を解き明かします。

Share

量子力学計算と触媒計算ソフトウェア

Materials Studio は、密度汎関数理論 (DFT) と半経験的方法に基づき、強力でユーザ フレンドリな確立された量子力学計算アプリケーションを提供します。量子力学的手法は、熱力学的、動力学的、および構造的解を高精度に求めることができるため、実験に対する有効な補助的ツールになります。さらにこの手法を適用することにより、プロセスに対する原子レベルの知見を得ることができるため、プロセスが発生する理由と過程を理解することに役立ちます。適用対象には、多孔質固体による気体分離、自動車排気ガス浄化触媒、半導体などがあります。

Materials Studio の量子と触媒ツールは、以下の項目を正確に予測します。

  • 分子構造と結晶構造
  • 化学反応経路
  • 光学特性
  • スペクトル
    (UV/Vis, IR, ラマン, NMR, EELS, ELNES)

Materials Studio の量子力学および触媒計算ソフトウェア:

  • Adsorption Locator:ゼオライト、カーボン ナノチューブ、シリカゲル、活性炭素などの幅広いマテリアルにおいて、最も安定している吸着サイトを探索します。
    Adsorption Locator のデータシートを参照
  • CASTEP: フォノン スペクトル、誘電率、光学物性などの高精度な予測が可能なシミュレーション機能を提供します。この卓越した密度汎関数法 (DFT) 量子力学コードを使用して、セラミックス、半導体、および金属を含む物質科学分野における固体、界面、および表面における広範囲な物性をシミュレートできます。
    CASTEP のデータシートを参照 CASTEP の参考資料を表示
  • DFTB+: DFTB+は、物質中の電子特性を研究するための量子シミュレーションソフトウェアです。従来のタイトバインディング法を改良し、密度汎関数理論をもとに定式化した手法が実装されており、多数の原子を含む系を研究、分析する際に他に類を見ないほどの性能を発揮します。
    DFTB+ のデータシートを参照
  • Dmol3: 量子力学に基づいた高精度計算を高速で実行可能な事により信頼性の高い物性を高速に予測します。
    DMol3 のデータシートを参照DMol3 の参考資料を表示
  • Gaussian MS User Interface: Materials Studio のユーザーフレンドリーなグラフィカル インタフェースを介して、Gaussian のさまざまな ab initio モデリング手法にアクセスします。
    Interface to Gaussian のデータシートを参照
  • ONETEP: 500 原子を超える大規模な系を計算するために特別に設計された革新的な第一原理ベースのプログラムを使用して、タンパク質-リガンド複合体、粒界、ナノクラスターなどの系をシミュレートします。
    ONETEP のデータシートを参照 ONETEP の参考資料を表示
  • QMERA: 量子力学的高精度計算と力場の高速計算とを組み合わせた、コストパフォーマンスの高いテクノロジーに基づいて、大規模な系に対する計算を実行します。
    QMERA のデータシートを参照

関連情報

可視化と統計ソフトウェア

分析と結晶化ソフトウェア

ポリマーと古典的シミュレーション ソフトウェア

Pipeline Pilot のマテリアル サイエンス コレクション