コラボレーティブ サイエンス

コラボレーションと知識に基づく的確な理解と予測を可能にすることで、製品化までの時間を短縮し、技術革新を促進します。

Share

BIOVIA Pipeline Pilot の概要

BIOVIA Pipeline Pilot は、グラフィカルでサイエンティフィックなワークフロー・オーサリング・アプリケーションです。

BIOVIA Pipeline Pilot はサイエンスに特化したBIOVIA Foundation(旧 Accerlys Enterprise Platform)を基盤としており、サイエンティフィックなデータに対する処理、解析、レポート作業を自動化するためのサービスを迅速に構築、テスト、および運用することができます。本製品は研究者個人でも部署レベルでも利用可能です。 BIOVIA Pipeline Pilot では、ソフトウェア開発経験のない研究者でもプロトコルを構築できます。この手順は、BIOVIA Web Portや、その他のBIOVIA ソリューション(BIOVIA Enterprise Lab Notebook、Isentris、 BIOVIA Registration など)、サードパーティ製アプリケーション(Microsoft SharePoint やお客様が開発したアプリケーションなど)といった多様なインターフェースから実行できます。これらのプロトコルを使用すると、様々な場所に保存されている膨大な研究データに対して、迅速かつ集約的なアクセスが可能です。自動的にデータ解析をすることで、研究者は結果を迅速に考察、視覚化し、レポートを作成できます。 

BIOVIA Pipeline Pilot を使用すると、サイエンティフィックな研究を行う企業では次のことが実現できます。

  • エラーの発生しがちな手作業を自動化できるため作業時間が短縮されます。また、部署内でこれらのワークフローを共有化することにより、研究者がより多くの時間を技術革新のために使えるようになります。
  • 個別に保存された科学情報へのアクセスが容易になるため、不要な実験を避け、コストを削減できます。
  • 共通のワークフローを自動化し、IT 担当者に依存することなく研究者自身で常に変化する要件に対処できるようになり、作業効率が向上します。

BIOVIA Pipeline Pilot を使用すると、研究者は次のことが実現できます。

  • 既存の研究や知的財産を有効利用し、定型的なデータ収集や解析作業を自動化することにより、研究開発プロジェクトを最大 10 倍の早さで完了できます。
  • ベストプラクティスをまとめて配布し、コンプライアンスの徹底と研究開発組織全体におけるコラボレーションを実現できます。 
  • 標準的な技術と広く認められたサイエンティフィックな知識に基づき、質の高い解法をすばやく構築して展開できます。
  • リアルタイムのレポーティング ダッシュボードを使用して実験結果をわかりやすく迅速に報告することにより、意思決定を支援します。
  • 互換性のない単機能のソフトウェアやデータベースを統合することにより、研究開発コストを削減できます。
  • BIOVIAの調達用データベースと生理活性データベースを検索できます (社内に配置または Database Web Service を利用してアクセス)。