コラボレーティブ サイエンス

コラボレーションと知識に基づく的確な理解と予測を可能にすることで、製品化までの時間を短縮し、技術革新を促進します。

Share

BIOVIA Biotherapeutics Workbench

治療用抗体候補の開発と最適化を支援する、革新的な生物製剤向けアプリケーション

BIOVIA Biotherapeutics Workbench では、配列や関連する開発可能性データを並べて表示できます。わかりやすく示されるワークフローに従って配列や活性データを簡単にインポート、分析することで、さらなる検証を行うべき有望な候補を特定することが可能です。(画像をクリックして拡大)

医薬品や生物医薬品の分野に携わる多くの企業では、低分子の研究からバイオセラピューティクスの開発へと関心を移しており、その中で、優れたターゲットとして注目を集めているのが抗体です。抗体開発の初期段階には、2 つの大きな課題があります。

技術革新の課題

抗体開発の初期段階では膨大な抗体活性データや抗体解析データが生成されますが、以下のような作業が可能な専用ツールが用意されていません。

  • 膨大な抗体配列データを処理し、把握する
  • 配列のアノテーションと活性データを組み合わせて分析することで、関係性を解明する
  • プロセスの初期段階で開発可能性を評価する
  • ワークフローを迅速にカスタマイズする

プロセス効率化の課題

プロセスの一環として、リアルタイムのプロジェクト追跡とさまざまなグループとのコラボレーションを行うことが求められています。また、登録からプロセス管理にわたって他の研究システムと統合された、バイオセラピューティクスに特化したソリューションが必要とされています。

膨大な数の抗体候補配列および関連データのアノテーションと分析

BIOVIA Biotherapeutics Workbench を使用することで、有望な抗体候補の開発における技術革新とプロセス効率化の課題を克服できると共に、プロセス初期段階でのミスや情報不足に起因する時間的ロスやコストを削減できます。Biotherapeutics Workbench は BIOVA Foundation 上に構築されており、研究チームが個々のニーズに合わせてワークフローをカスタマイズすることが可能です。開発を進めるべき有望な抗体候補を的確に判断するために必要となる、データの収集、照合、分析といったプロセスにおいて、ミスの発生しやすい手動による作業を行わなくて済むようになります。

BIOVIA Biotherapeutics Workbench には次のような機能があります。

  • 膨大な数の抗体配列のインポートとアノテーションを迅速に実施
  • 配列と関連データを視覚化および分析するためのツールを装備
  • 抗体のクラスタリングをサポート
  • 開発可能性に関連する特性の計算
  • プロジェクトの定義とデータのエクスポート

BIOVIA Biotherapuetics Workbenchのデータシートはこちら

BIOVIA バイオロジクス ソリューション(研究)の詳細はこちら