プロセス製造オペレーション

プロセス業界における製造業務を支援し、プロセス データと品質データの活用によって、製品化までの時間を短縮し、収益を最大限に高めます。

Share

オンデマンドのデータ マッピング – BIOVIA Nexus

BIOVIA Discoverant の基盤となるオンデマンド データ アクセス環境である BIOVIA Nexus では、さまざまなデータ ソース(LIMS および ERP システム、データ ヒストリアン、データ ウェアハウスなど)から、異なる種類のデータ(離散型、連続型、複製、キーワード、イベント、テキスト)やバッチ系統を集約、コンテキスト化して、プロセス データや品質データを格納場所を問わずに一貫した方法で簡単に取得できます。また、製造プロセスの包括的なビューを、単一のバリデートされた環境で生成します。

Nexus は、4 つの主要なコンポーネントで構成されています。

  1. Hierarchy : 製造工程またはプロセス開発工程を階層的に表現し、データ アクセスの整理やソース データへのマッピングを可能にします。
  2. Hierarchy Verification Utility: 設定したマッピングで意図したソース データが取得できるかどうかを検証します。
  3. Dynamic Mapping Engine: ソース データをオンデマンドで取得できます。
  4. Analysis Group: 不均質なデータ ストレージ モデルであり、要求された時点でのデータのスナップショットです。

Dynamic Mapping Engine は、Hierarchy の設定を用いてソース データベースに対するクエリを自動で生成し、データを取得します。その後、パラメータ セットと呼ばれる共通のコンテキストに基づいてデータを整理し、コンテキスト化されたデータが Analysis Group で利用可能となり、BIOVIA InVision でのさらなる分析が行われます。