統合ラボ管理

単一の基盤をベースとする標準化されたソリューションによって、研究開発における独自のロールベースのユーザー エクスペリエンスを提供し運用の最適化、品質の向上、技術革新の促進を実現します。

Share

統合ラボ管理

デジタルなラボ環境

厳しい競争にさらされる今日の研究機関は、効率の向上、品質の強化、法規制の遵守を通じて業務の最適化を図ると共に、技術革新の促進に向けてこれまで以上の取り組みが求められています。こうした課題は、ラボ環境にも当てはまります。企業の目標達成に寄与するためには、研究開発プロセスから非効率な部分やコンプライアンス上のリスクを排除し、技術革新を生み出すコラボレーション環境を構築する必要があります。

そのためには、連携性に欠ける紙ベースのプロセスを廃止しなければなりません。紙ベースのプロセスは、ミスや無駄が発生しやすく、コンプライアンス面での深刻なリスクを伴うだけでなく、研究、開発、製造のライフサイクル全体を通した関連データの利用を阻害します。外在化が進む今日のグローバルな環境では、技術革新を促し、プロセスと製品を最適化し、プロセスのなるべく早い段階で意思決定を行うためには、こうした関連データへのアクセスは極めて重要です。

BIOVIA の統合ラボ管理は、研究開発に関するあらゆる重要な機能を備えています。



BIOVIA 統合ラボ管理機能は BIOVIA Foundation を基盤としており、研究開発ワークフローの合理化と効率化、均一化と標準化、完全に統合かつ自動化された容易な展開プロセスを可能にします。統合の要となる BIOVIA Foundation は、BIOVIA アプリケーションを統合するだけでなく、サードパーティー製のあらゆる主要なシステムや機器も統合します。さらに、研究部門や製造部門、あるいは外部の提携機関など、異なる部署間でシームレスなデータ転送を行うための基盤を提供します。

優れた付加価値を備えた BIOVIA の統合ラボ管理機能を導入されたお客様からは、次のような成果が報告されています。

  • ミスや作業のやり直しを 30% 削減
  • レビュー時間を 35% 短縮
  • 監査およびレポート作成時間を 40% 短縮
  • 規制関連レポート(APR)のサイクル期間を 90% 短縮
  • バッチ製造の逸脱リスクを 10 分の 1 に低減
  • サイクル期間を 50% 短縮
  • 生産性を 25% 向上
  • 精度を 25% 向上
  • 品質を 25% 向上
  • 規制への遵守を 25% 向上