統合ラボ管理

単一の基盤をベースとする標準化されたソリューションによって、研究開発における独自のロールベースのユーザー エクスペリエンスを提供し運用の最適化、品質の向上、技術革新の促進を実現します。

Share

BIOVIA Experiment Knowledge Base (EKB)

BIOVIA Experiment Knowledge Base (EKB)は、研究開発に特化した、業界最先端の実験インフォマティクス システムです。科学実験から得た知識やデータをより効率的に分析、管理、マイニングできるよう、研究開発組織を支援します。最新のアーキテクチャと設計を基盤とする BIOVIA EKB は、研究開発分野でのラボ インフォマティクスに新たなアプローチをもたらします。「適切な作業」のための「適切なツール」が提供されることで、研究者はそれぞれのニーズに合った方法で実験データを見ることができます。BIOVIA EKB では、急速に変化する今日のビジネス環境に対応できなくなった、不十分な設計のままの旧世代の研究開発インフォマティクス システムが抱える欠点を克服することが可能になります。これまではサービスベースのソリューションとして提供されてきましたが、BIOVIA EKB 4.0 は実績を誇る企業向け製品として提供され、研究コストの削減と、化学、バイオプロセス、触媒、食品・飲料、製剤設計をはじめとする分野での迅速な製品開発を実現します。

Experiment Knowledge Base の導入 - 科学データの知識化

今ある旧世代の研究開発インフォマティクス システムのほとんど、特に従来型の LIMS システムは時代遅れのものとなっており、科学技術革新を通じて競争力を強化しようとする企業ニーズの高まりには対応できていません。これらのシステムでは、適切な情報に基づいて意思決定を行うために科学データを活用することができず、また研究開発のための実験効率を高めることも、研究開発部門における技術革新のスピードや整合性を向上させることもできません。こうした欠点の原因は、これらのシステムが今日のニーズに対処するには設計が不十分であり、柔軟性にも欠けるほか、適応範囲を広げすぎている(「あらゆる用途向けのあらゆる機能」を提供しようとしている)場合が多いことにあります。

EKB は、モジュール方式のアーキテクチャによって 6 つの主要機能を提供し、今日の科学関連企業が革新的な新製品を迅速かつ効率的に市場に送り出せるように支援します。

  • 実験および戦略的研究・開発の計画立案と企画
  • 研究開発ワークフローの管理
  • サンプル、リソース、手順の追跡
  • 実験結果の分析と視覚化
  • 科学データのマイニングと知識の抽出
  • 既存の設備やシステムとの統合

EKB は研究開発に特化して設計されており、これまでのナレッジ管理製品にはない機能を備えています。ほぼすべてのソースから実験データの検索およびマイニングを行えるほか、研究室の既存の設備やアプリケーションとの統合・相互運用、実験管理やコラボレーションの改善も可能です。さらに、EKB は業界唯一の科学分野に特化した BIOVIA Foundation (旧 BIOVIA Enterprise Platform)と統合されているので、旧来のシステムを置換する必要はなく、研究室で使用されている既存のシステムやインフラストラクチャへの投資価値を高めることができます。

ビデオを見る(英語)