関連資料

よりよい意思決定のために、さまざまな情報とトピックが提供されています。

Share

アプリケーション ガイド

BIOVIA Discovery Studioを使用した抗体構造モデリング

このアプリケーションガイドでは、BIOVIA Discovery Studioソフトウェアに実装されている最新のin silico 抗体構造モデリング ワークフローを紹介すると共に、抗体ターゲットの構造モデルが必要とされる主な理由について説明します。

アプリケーションガイドを読む

BIOVIA Materials StudioとBIOVIA Pipeline Pilotを使用した
医薬品の分解予測

製剤における化学物質の分解と安定性に関する問題は、医薬品開発のプロセスの中で頻繁に発生するものです。医薬品の開発プロセスおよび製造可能性評価プロセスにおいて、候補化合物の薬剤学的特性の解析は繰り返し行われています。本研究では、自動酸化(水素引き抜き反応)に伴う医薬品有効成分の安定性について、in silicoでリスクを評価する手法を開発することを目的としています。

アプリケーションガイドを読む

多環芳香族炭化水素(PAH)の ハイスループットスクリーニング

CASTEPによる分散力補正を考慮したDFT計算により、結晶構造や電子状態に対してバンドギャップなどの重要な物性を関連づけて、分子結晶材料のハイスループット スクリーニングを行うための基礎を確立した事例の概要をご紹介します。

アプリケーションガイドを読む

触媒ナノ粒子のモデリング
Materials Studio および Pipeline Pilot の活用

化学製品や輸送用燃料の生産効率をさらに高めるためには、天然ガスを液化炭化水素に変換する新技術の開発が重要な鍵となります。その中で、 ZSM-5 ゼオライトに担持したモリブデンと炭素からなるナノ粒子は、天然ガス変換触媒の有力候補として注目されています。しかし、これらの触媒の構造はまだ十分に解明されていないため、その能力を最大限引き出せる条件については不明な点が多く残っています。これに関して、スティーブンス工科大学、BIOVIA、およびリーハイ大学の研究者が、BIOVIAが開発した計算ツールを使用して、ナノ粒子の構造とアンカー部位を初めて解明しました。

アプリケーションガイドを読む

Morphology アプリケーション ガイド

「有機結晶の結晶成長形態予測:予測形態の力場依存性の系統的検討」
形態学とは、一連の表面の組とのその相対的面積により特徴づけられる結晶の巨視的な外観を調べる学問です。結晶の形状は多くの分離と精製方法の基礎となります。したがって、結晶形態の予測と制御は工業プロセスにおいて重要なものです。

アプリケーションガイドを読む

QSAR アプリケーション ガイド

QSAR(定量的構造活性相関)はモデリングやシミュレーションを Materials Studio を介して利用することができます。高分子や表面、分子結晶や無機結晶、ゼオライトの一連の物質や分子の性質を予測するのに用いられます。このアプリケーションガイドは、QSAR 応用事例をご紹介しています。

アプリケーションガイドを読む