BIOVIA ソリューション

柔軟強力な各種関連ソリューションとリソースを活用して、生物製剤の研究開発、化学研究、製剤設計、品質テストにまつわる課題を解消できます。

Share

BIOVIA バイオロジクス ソリューション

研究 – 全体

BIOVIA バイオロジクス ソリューションは、リード抗体の開発における技術革新やプロセス効率化の課題を解消します。付加価値を生まない IT 作業が大幅に削減されるため、時間の節約や投資全体の削減が可能になります。研究機関では、データ転送や情報不足に起因するミスを大幅に削減でき、個別のニーズに応じてワークフローをカスタマイズすることもできます。
外部との共同研究に携わる研究者は、ScienceCloud (英語)を利用することで、外部のパートナーと生物学的データを安全に共有し、データ分析、知的財産の把握、分散した組織から成るプロジェクト チームにおけるコミュニケーションが可能です。組織内におけるソフトウェアの導入費用や保守費用を減らしたいと考える研究機関にとっても、ScienceCloud の利用により総所有コスト(TCO)を抑えられるというメリットがあります。

研究 – 開発の初期段階

研究機関が新しい抗体の開発を強化すればするほど、プロセスはより複雑になります。研究者は、データにアクセスしづらい汎用的で非効率的なシステムやツールを使用して、数千種類もの抗体候補の分析やスクリーニングを行っています。BIOVIA バイオロジクス ソリューションは、配列情報やアッセイ情報へのアクセスを容易にし、データ分析を強化するほか、時間の節約とエラーの低減を可能にする環境を提供することで、開発の初期段階をサポートします。

登録

BIOVIA Biological Registration は、複雑な生物データの登録、それらのデータの関係追跡、検索、およびレポート作成に対応した、業界初の完全に統合されたマルチエンティティ システムです。大手製薬会社との緊密な連携によって開発され、受賞歴もあるこのシステムを使用することで、知的財産の保護、運用効率の向上、現在および将来にわたるニーズへの対応、迅速で的確な意思決定、総所有コストの削減が可能になります。

詳細はこちら


ドキュメントおよびデータ管理

BIOVIA Notebook は、生物製剤に関する in vivoおよび in vitro実験、ターゲットの同定と検証、アッセイ開発、スクリーニング、薬物動態(DMPK)、毒性分析、生物分析実験など、幅広い生物学的分野をサポートします。

詳細はこちら


リードの同定と分析

BIOVIA Biotherapeutics Workbench は、リード抗体の開発における技術革新やプロセス効率化の課題を解消すると同時に、プロセス初期段階でのミスや情報不足に起因する時間的ロスやコストを削減します。Biotherapeutics Workbench は BIOVA Foundation 上に構築されており、研究チームが個々のニーズに合わせてワークフローをカスタマイズできます。開発に値する有望な抗体候補を的確に判断するうえで必要となるデータを収集、照合、分析する際に、ミスの発生しやすい手作業を行わなくて済むようになります。

詳細はこちら


Sequence Analysis Collection

BIOVIA Sequence Analysis Collection は、基本的なバイオインフォマティクス機能と、さまざまな研究をサポートする実用的な配列分析ワークフローを作成するためのアルゴリズムを備えています。180 以上のコンポーネント機能と、業界標準のさまざまな手法を使用して、DNA 配列やタンパク質配列を分析し、アノテーションを付けることができます。

詳細はこちら


ワークフローのカスタマイズ

Pipeline Pilot は BIOVIA Foundation を基盤としており、科学データに対する処理、解析、レポート作業を自動化するための科学的サービスを、迅速に構築、テスト、運用することができます。本製品は研究者個人でも部署レベルでも利用可能です。プロトコルを使用して科学データ解析を自動的に行うことで、研究者は結果を迅速に考察、視覚化し、レポートを作成できます。

詳細はこちら


アッセイ データの取り込み

BIOVIA Assay では、スクリーニング活動の設計や管理が可能です。BIOVIA のプラットフォームは、細胞スクリーニング、分子スクリーニング、およびハイコンテンツ スクリーニングに対応しています。BIOVIA Assay は研究室の設備と完全に連携し、研究者のニーズに柔軟に対応できるため、きわめて特殊な分析にも利用可能です。

詳細はこちら



研究 – 生物学的モデリング

生物製剤の研究開発が発展するにつれて、抗体開発の重要性はますます高まっています。重要な物性を予測するには配列の解析だけでは不十分であり、3D による構造モデリングがどうしても欠かせません。BIOVIA バイオロジクス ソリューションは、抗体の設計や最適化のための包括的な機能を提供します。これにより、抗体フレームワークのモデリング、抗体の物性予測、開発可能性の最適化が可能になります。

ワークフローのカスタマイズ

Pipeline Pilot は BIOVIA Foundation を基盤としており、科学データに対する処理、解析、レポート作業を自動化するための科学的サービスを、迅速に構築、テスト、運用することができます。本製品は研究者個人でも部署レベルでも利用可能です。プロトコルを使用して科学データ解析を自動的に行うことで、研究者は結果を迅速に考察、視覚化し、レポートを作成できます。

詳細はこちら



予測分析

Discovery Studio は、抗体の設計と最適化を行ううえで最も充実した機能を提供するソリューションです。抗体フレームワークのモデリング、抗体の物性予測、pHおよび熱依存的な安定性の最適化、製剤における開発可能性の最適化が可能です。

詳細はこちら


ドキュメントおよびデータ管理

BIOVIA Notebook は、生物製剤に関する in vivoおよび in vitro実験、ターゲットの同定と検証、アッセイ開発、スクリーニング、薬物動態(DMPK)、毒性分析、生物分析実験など、幅広い生物学的分野をサポートします。

詳細はこちら




研究 – 細胞株の開発

細胞株の研究に携わる生物学者は、データの転記や管理、実験やレポートの作成を手作業で行わなければならず、またこうしたデータは膨大な数の Excel スプレッドシートなどに保存されている状況です。BIOVIA バイオロジクス ソリューションは、統合された革新的アプローチによって紙ベースのワークフローの廃止、データ管理の自動化、実験やレポートの作成の合理化、データ取得と作業プロセスの標準化を実現することで、手作業によるプロセスの非効率性を解消します。

ドキュメントおよびデータ管理

BIOVIA Notebook は、生物製剤に関する in vivoおよび in vitro実験、ターゲットの同定と検証、アッセイ開発、スクリーニング、薬物動態(DMPK)、毒性分析、生物分析実験など、幅広い生物学的分野をサポートします。

詳細はこちら



バイオプロセス

BIOVIA Experiment Knowledge Base (EKB)は研究開発に特化して設計されており、ほぼすべてのソースから実験データの検索とマイニングを行えるという、これまでのナレッジ管理製品にはない機能を備えています。また、研究室の既存の設備やアプリケーションとの統合および相互運用、実験管理やコラボレーションの改善も可能です。

詳細はこちら


ワークフローのカスタマイズ

Pipeline Pilot は BIOVIA Foundation を基盤としており、科学データに対する処理、解析、レポート作業を自動化するための科学的サービスを、迅速に構築、テスト、運用することができます。本製品は研究者個人でも部署レベルでも利用可能です。プロトコルを使用して科学データ解析を自動的に行うことで、研究者は結果を迅速に考察、視覚化し、レポートを作成できます。

詳細はこちら




アッセイ データの取り込み

BIOVIA Assay では、スクリーニング活動の設計や管理が可能です。BIOVIA のプラットフォームは、細胞スクリーニング、分子スクリーニング、およびハイコンテンツ スクリーニングに対応しています。BIOVIA Assay は研究室の設備と完全に連携し、研究者のニーズに柔軟に対応できるため、きわめて特殊な分析にも利用可能です。

詳細はこちら