統合ラボ管理

単一の基盤をベースとする標準化されたソリューションによって、研究開発における独自のロールベースのユーザー エクスペリエンスを提供し、運用の最適化、品質の向上、技術革新の促進を実現します。

Share

統合ラボ管理

デジタルなラボ環境

厳しい競争にさらされる今日の研究機関は、効率の向上、品質の強化、法規制の遵守を通じて業務の最適化を図ると共に、技術革新の促進に向けてこれまで以上の取り組みが求められています。

業務運用の成否は、新しい製品を迅速かつ効率的に、しかも高品質、低コストで市場に投入できるか否かで決まります。しかし、今日多くの企業が紙ベースのプロセスによって優れた運用を妨げられており、初期のアイデアの創出から製品化までの期間の長期化を招いています。

品質関連データの分析によってプロセスや製品を最適化し、プロセスのなるべく早い段階で意思決定を行うためには、データの転送や交換が鍵となります。連携性に欠ける紙ベースのプロセスが、研究、開発、製造のライフサイクル全体を通した関連データへのアクセスを妨げるだけでなく、こうしたプロセス内の手動での作業によって、コンプライアンス上の深刻なリスクが引き起こされる可能性があります。技術革新を実現するにはコラボレーションが不可欠であり、外在化が進む今日のグローバルな環境では特にその傾向が顕著となっていますが、必要なインフラストラクチャでコラボレーションがサポートされていないのが現状です。

こうした課題は、ラボ環境にも当てはまります。企業の目標達成に寄与するためには、研究開発プロセスから非効率な部分やコンプライアンス上のリスクを排除し、技術革新を生み出すコラボレーション環境を構築しなければなりません。そのためには、次のようなことが必要です。

  • 研究プロセスの標準化と、標準の手順、レシピ、ワークフローの導入
  • 研究室での統合、自動化、コラボレーションを単一の基盤で支援
  • 研究室での職務に合わせた包括的なプロセス

BIOVIA Unified Lab Management は、手順、レシピ、リソースの管理、実験ワークフローや作業の実行といった、あらゆる研究開発プロセスを標準化された手法で行えるようにすると共に、S88 標準に準拠しながら BIOVIA のアプリケーションとサードパーティー製品との間のデータや情報のインポート、エクスポートを可能にします。

BIOVIA Foundation の統合機能によって、研究開発ワークフローの合理化と効率化、均一化と標準化、完全に統合され自動化された容易な展開プロセスが可能になります。統合の要となる BIOVIA Foundation は、BIOVIA アプリケーションを統合するだけでなく、サードパーティー製のあらゆる主要なシステムや機器も統合します。さらに、研究部門や製造部門、あるいは外部の提携機関など、異なる部署間でシームレスなデータ転送を行うための基盤を提供します。

BIOVIA の統合ラボ管理は、研究室での個々の職務に特化したプロセス エクスペリエンス(ソリューション サービス)を提供します。シームレスで効率的なワークフローを支援するためのあらゆる機能が用意されており、さまざまな職務に携わる研究者(研究室の責任者、管理者、技術者など)は、統合された専用プロセスのメリットを直接得ることができます。

BIOVIA の統合ラボ管理ソリューションは、研究室の管理からリソース管理レシピ管理、さらには運用の遂行に至るまで、研究開発のプロセスや活動全般を支援します。これにより、人員、設備、データに関する統合管理やスケジューリングが可能になるほか、手順や実験、テストの統合的な実施が可能になります。



BIOVIA 統合ラボ管理の 4 つの戦略分野

ラボのプランニング

研究室のリソースやプロセスの設計、管理、スケジューリング
詳細はこちら

ラボの運用

研究室におけるプロセス、実験、テストの実施、記録、文書化
詳細はこちら

ラボのリソース

化学物質、材料、人員、機器、および関連プロセスにまつわる登録、在庫、ライフサイクルの管理
詳細はこちら

レシピの管理

汎用的なプロセスから特定の製品の実製造にまでわたる、手順、レシピ、手法、および仕様の開発、適用、管理

詳細はこちら

優れた付加価値を備えた BIOVIA の統合ラボ管理機能を導入されたお客様からは、次のような成果が報告されています。

  • ミスや作業のやり直しを 30% 削減
  • レビュー時間を 35% 短縮
  • 監査およびレポート作成時間を 40% 短縮
  • 規制関連のレポート(APR)のサイクル期間を 90% 短縮
  • バッチ製造の逸脱リスクを 10 分の 1 に低減
  • サイクル期間を 50% 短縮
  • 生産性を 25% 向上
  • 精度を 25% 向上
  • 品質を 25% 向上
  • 規制への遵守を 25% 向上