統合ラボ管理

単一の基盤をベースとする標準化されたソリューションによって、研究開発における独自のロールベースのユーザー エクスペリエンスを提供し、運用の最適化、品質の向上、技術革新の促進を実現します。

Share

ラボのプランニング

研究室のリソースやプロセスの設計、管理、スケジューリング

研究室で実験やテストを実施する場合、あらゆる関連作業を適切に割り当ててスケジューリングする必要があります。研究室の責任者は、研究業務や必要なリソースに関するあらゆる作業を計画、管理しなければなりません。

研究室の管理者は、実施すべき研究やラボ業務について、その準備や作業リストの作成なども含めて計画の策定を行います。必要な人員や設備を割り当ててスケジューリングし、材料や化学物質を決定します。

物理的なテストは、開発や品質管理のワークフロー全体におけるボトルネックとして捉えられがちです。しかし、統合や自動化を導入することで、ミスが発生しにくい研究プロセスが実現し、コンプライアンス上のリスクの低減、業務の効率化が可能になるほか、サイクル期間も短縮できます。

次の業務を支援します。

  • 研究室への作業依頼の管理
  • 研究およびテストのプランニングとスケジューリング
  • リソースの割り当てとスケジューリング

優れた付加価値を備えた BIOVIA の統合ラボ管理機能を導入されたお客様からは、次のような成果が報告されています。

  • ミスや作業のやり直しを 30% 削減
  • レビュー時間を 35% 短縮
  • 監査およびレポート作成時間を 40% 短縮
  • 規制関連のレポート(APR)のサイクル期間を 90% 短縮
  • バッチ製造の逸脱リスクを 10 分の 1 に低減
  • サイクル期間を 50% 短縮
  • 生産性を 25% 向上
  • 精度を 25% 向上
  • 品質を 25% 向上
  • 規制への遵守を 25% 向上